galleryAn project - “Leap Before You Look” 3 / GALLERYAN ASUKAYAMA 


galleryAn project -“Leap Before You Look” #3
Takuma Ishibe, Nicolò Baraggioli ,
Two person Exhibition

Apr 1 - Apr 30, 2017. 
Friday ~ Sunday, 12:00-8:00PM
Opening Reception : Apr 1, 5:00-8:00PM

INQUIRY
📨 INFO@GALLERYANASUKAYAMA.COM






GALLERYAN ASUKAYAMA is pleased to present “Leap Before You Look #3”
two person exhibition by Takuma Ishibe and Nicolò Baraggioli, from April 1st to April 30th.
This is the first time that both artists have shown their work in GALLERYAN ASUKAYAMA.





This exhibition centers on the intersection of artist and expression, in the words of Kenzaburo Oe: "to jump before one can see". Ishibe and Nicolò will present new works including collaborative works and paintings.

Old social networks fade away and new ones arrive on the scene. Empires rise rise and fall, similarly in contemporary arts industry. With easy access to information privacy, or the private space, are now almost impossible to conceive of. These two two artists became acquainted through a social network (Instagram). Instagram is the way in which we can become acquainted with one another and benefit from being part of a community. It is more casual and has no requirement that we qualify in a social or artistic way. Instagram we means,.. uncertainty. All anyone wants to talk about now is the future of artists, social media and global challenges.

They are two creative practitioners who understand not only their background and career differences but also how they respond and interact. The audience is interested in these works and is forced to interact with them through physical space.

Takuma Ishibe
Takuma Ishibe was born in 1976 in Tokyo Japan, and is currently based in Tokyo. Ishibe graduated from the Tokyo Design Academy, and graduated from NY/National Academy School of Art. He engages with industrial processes which are manipulated to create works across a range of media including, painting, sculpture and collage. He uses art and design as an expression for surface structure. Ishibe realises he has a purpose. However though he has not yet found what it is. The work are histories of their own artistic inspiration and anti vandalism.

Nicolò Baraggioli
Nicolò Baraggioli was born in Genoa, Italy in 1985 and is currently based in London. The abstract paintings he creates are an intuitive improvisation about everyday life and memories of memories. The visual element is abstracted into emotions through a process of psychological realism, they provide opportunities that can be defined by the viewers and explore different future prospects. These layers accumulate without being obvious, rather, they build like sediment. His works are representations of social practice and the possibilities of narrative and history.




GALLERYAN PROJECT - “LEAP BEFORE YOU LOOK” #3
石部巧 / ニコロ・バラッジョリ 2人展

会 期 : 2017年 4月1日 - 4月30日
時 間 : 金・土・日曜日 12:00 - 20:00
会 場 : GALLERYAN ASUKAYAMA
オープニングレセプション : 4月1日 17:00 - 20:00

このたび、GALLERYAN ASUKAYAMAは4月1日(土)~4月30日(日)まで、『galleryAn project - “Leap Before You Look” #3』 を開催いたします。様々な出自を持つ参加アーティストの美術に対する真摯な姿勢によって、領域横断的に多様な創造の地平を切り開く意欲的な試みとしてスタートしたプロジェクトベースのシリーズ企画展となります。本展 #3 は、ギャラリアン アスカヤマ初発表作家の石部巧と英国より来日するニコロ・バラッジョリによる2人展となります。

現在、ネット上の「共有」が中毒的に席巻し誰でもがモバイルデバイスを駆使し時間と空間を飛び越えて世界中のあらゆる情報が表層的ながらも即時的に入手が可能な状況です。第3弾企画の成り立ちは、ギャラリーディレクターと石部が Instagram (写真共有サービス) を介しながら、これからのギャラリーとアーティストの役割、またそこで開催される展覧会の可能性について議論した事に端を発しています。繰り返される議論のなかで、石部にとって恣意的で必然性と偶然性を孕みながら Instagram 上で繋がりができていたニコロとの展覧会構想が議題に挙がります。

続く議論を経て構想が現実のものとなり、そこに内包する複雑性や不確定性を認めつつディレクターと石部、石部とニコロ、そしてディレクターとニコロが互いに意識し現実空間と仮想空間で一定期間、継続的に関わり合いを持つことが始まりました。それらを実践的に統合した展覧会を一つの結実とし、見る者がテクノロジーの発展により画一化、規格化されるグローバル社会で人々の価値観の変容を探ることを目指す企画構成となっています。また、本展では会期前に来日し滞在するニコロと石部によるコラボレーション作品と、各々の新作平面作品が発表されます。グルーバル化が大きな転回点を迎える時代。欧州連合離脱問題(ブレグジット)を肌で感じるニコロと、長引くデフレと低成長を肌で感じる石部。ギャラリアンでは「見る前に跳ぶ」ことでポスト・グローバル時代の情景を描く試みが始まっています。この機会に、ぜひ、ご高覧ください。皆様のご来廊を心よりお待ち申し上げます。

〈参加作家・プロフィール〉

石部巧
1976年東京生まれ。東京デザイン専門学校卒業。その後、渡米し NY/National Academy School of Art で学び、芸術への強い探求心からメッセンジャーとして働きながらNYに引き続き滞在しグラフティー・ライターやぺインターなどアーティスト達と交流を重ねる。彼等、クリエイターとの日常生活をフィルターに、NYから始まったと言われる生々しい現地のグラフティー文化から、戦後、世界の現代アートシーンをリードしてきているハイカルチャーとしての芸術を合わせ見ることで、自身の表現の可能性を模索する。現在は東京を拠点に、それらフィールドワークを反映させ作品(絵画、写真、コラージュ、立体作品など)を制作。また、ソロ活動に留まらずアートユニット“2blks”としても活動を展開している。

ニコロ・バラッジョリ
1985年 イタリア/ジェノバ生まれ。現在はロンドンを拠点に制作・活動している。渡英後、イタリア人として英国社会の観察を通し多文化主義の環境下で過ごす。日常生活で、印象的、且つ潜在的事象が断片化しながらも残存することで記憶される物語を現実主義的な思考のプロセスを通し再構築することで作品を展開する。その平面作品は、グローバル資本主義の世界で無国籍化した工業生産物の廃材を素材に構成。それら廃材は現代社会に生きる人々の状態を示す比喩としては成立しえないものの、時折、そこに見え隠れする何某かの歴史、物語に、敢えて自身の歴史や物語を投影する事で鑑賞者のイメージをアクティベートすることを目指している。